« 窓が曇る | メイン | 色が白くなるのも・・ »

映画から歴史を学ぶ

映画を見てから、その時代のことを勉強したくなることないですか?
私はいつもそうです。
ぎゃくにいえば、そんなことがないと歴史を学ぼうって思わない。

先日見た映画は面白かったです。
ブリッジ・オブ・スパイというスピルバーグの映画です。
よかったですよー。

1960年代の東西冷戦時代、CIAが極秘に遂行していた偵察機「U-2」が
ソ連領空内で撃墜されてしまって、アメリカ人パイロットがスパイとして拘束されます。

着実なキャリアを積み上げていた弁護士のジェームズ・ドノバン(トム・ハンクス)は
時のアメリカ合衆国大統領ジョン・Fケネディの命を受けて、
拘束されたスパイの弁護を引き受けることとなり、
交渉人として、誰も成し得たことのない東西スパイの身柄交換というミッションに立ち向かっていくのです。

歴史を知らないと難しいかもです。
私も知らなかったことがたくさんあったので、これ、見るべきですよ。

歴史を勉強したくなるし、したくなくても分かる内容です。
実話ですからね、スリルもあって見応え抜群です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lamedusarosa.com/mt3/mt-tb.cgi/55

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年05月01日 20:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「窓が曇る」です。

次の投稿は「色が白くなるのも・・」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38