« プロの食事 | メイン | すし屋の店員 »

バスの停留所

バスに乗ったら、停留所の名前が前の方に提示されるようになっていた。、
前はこんなのなかったバスなのに、、、しばらく乗ってないとこんなこともあるのか。
(普通はあると思うでしょ?田舎のバスはあんがいなかったりするんだよー)

それを見ててもよく分からず、いつものように外を眺めながら「次だな」のところでボタンを押した。
なんて原始的。
これを、雨で窓が曇ると使途が見えないから窓をぬぐって見たりしてたんだよー。

暗い時も同じ。
またはバスの運ちゃんに「あのあたりでおろして」と言っておくのさーー。
こんなバス生活してたけど、だんだんハイテクになっていくもんだな。あはは。

それでも分からない自分もどうかと思うけど。
停留所にな雨があることすら忘れていたし。
なんて名前の停留所かも知らなかった、なんてこった。

こんな、、なんていうか昔ながらの生活してると、、、

あんがい楽しいよっ!!!笑

人生楽しまないと損ですからねーー。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lamedusarosa.com/mt3/mt-tb.cgi/64

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2019年02月01日 16:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「プロの食事」です。

次の投稿は「すし屋の店員」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38